読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンスターストライク徹底攻略ーゲーム攻略王国

ゲーム攻略王国のモンスト攻略

go and see my love.

色彩が瑞々しく香る。五月は風と共にやって来る。空が青々として、地面は光に満ちている。木々が波音を立てて揺れる午後、私は誰もいない公園で生まれたての真珠のような紫陽花の小さな蕾を見付けた。私はそれを一粒、そっと口に含んでみたいと思った。

溺れる前に潜水したい。息を大きく含んだら、後は力を抜いて沈んで行く。悲しみに溺れるくらいなら、自分から飛び込んで行きたい。昔観た映画の台詞を思い出す。‘‘go and see my love.’’

新しく塗り替えられて行く。気付かない間に、地面さえその衣を変えて。そうやって続いて行く事を忘れて、剥がれ落ちた絵の具の褪せた破片だけを見詰めた。私は寂しがりだから、たまにその破片を摘んで口の中にまで入れてしまう。乾き切った絵の具は苦くて痛い。喉を僅かに傷付けて、それは腹の中でマーブル模様を描いて溶けて行く。

波のように揺れる。木漏れ日があぶくのように足元で目映く弾けて行く。風が地面ごとひっくり返そうと躍起になって吹いて行く。その音が頭上で波音になって轟く。泣いているの? 新しい季節に彩られても、変わらないものがある事を憂うの? 

息を大きく吸い込んで、溺れる前に潜水したい。鯨のように沈んだら、そこに何があるだろう。私は柔らかな緑色の小さな真珠の一粒を、そっと指で摘む。ごー、えん、しー、まい、らぶ。五月の公園でそう呟く。